スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会は

社会を教えて~となった場合

歴史など編

うさわんは数学は得意ですが社会は大の苦手でした。

なので教えることはできませんが、親がわからないほど、子どもが覚える方法です(笑

頭が良い子はこんな事しなくても大丈夫ですけど。。。

教科書は、年が前後していますので、まず子どもに年表を作らせます。

古い順番にその年表を読み上げながら、問題を出します。

何が起きたか順番に覚える事によって、覚えやすくなります。

問題の答えは親は理解していない方がいいです。

例えば、○○年誰々が何を作りました。と言う問題をだしたとします。

子どもが答えられたら「それってなあに?」と聞きます。

子どもは説明をします。わからなかったらわかるように調べて答えさせます。

「おーなるほど」と親は驚きます。

答えられなかった場合、インパクトのあるヒントを出します。
内容はわからなくて大丈夫です。

うーん文章で説明できないけど・・・とにかくインパクトのあるヒント(^_^;)

すると子どもの頭に嫌でも残りますので、この言葉が出てきたらママが言ってたあのダジャレ、あの話、みたいに思い出して答えられます(笑

これで成績があがりました。



スポンサーサイト

comment

Secret

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カスタム検索






FC2カウンター


現在の閲覧者数:

最新自作ゲーム

カテゴリ

公開中脱出ゲーム

楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。